森友改ざん 国に資料開示命令を 自殺職員妻申し立て

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤木俊夫さんが残したファイルの提出を国に命じるよう大阪地裁に申し立てた後、記者会見する妻雅子さん=大阪市内で2021年2月8日、伊藤遥撮影
赤木俊夫さんが残したファイルの提出を国に命じるよう大阪地裁に申し立てた後、記者会見する妻雅子さん=大阪市内で2021年2月8日、伊藤遥撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却で、決裁文書を改ざんさせられた末に自殺した財務省近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)が改ざんの詳細を記したとされるファイルについて、妻雅子さん(49)が8日、国側に提出を命じるよう大阪地裁に申し立てた。

 ファイルには財務省からの指示や改ざん前後の記載の比較、同省と近畿財務局がやりとりしたメールなどがとじられているとみられる。2019年3月、雅子さんと面会した赤木さんの元上司が存在…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集