ブランド肉「みやざき地頭鶏」×ケンミン焼ビーフン 消費拡大の起爆剤に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「宮崎ケンミン焼ビーフン」=宮崎市の宮崎県庁で2021年2月8日、杣谷健太撮影
「宮崎ケンミン焼ビーフン」=宮崎市の宮崎県庁で2021年2月8日、杣谷健太撮影

 新型コロナで宮崎県のブランド地鶏「みやざき地頭鶏(じとっこ)」の消費が低迷する中、2月10日のみやざき地頭鶏の日に合わせ、「宮崎ケンミン焼ビーフン」など新商品が発売される。関係者は「消費拡大の起爆剤に」と期待する。

 ケンミン食品(神戸市)は各地の特産を使った焼きビーフンプロジェクトを実施中で、昨夏に宮崎県が商品開発を依頼。地頭鶏炭火焼きとみやざきビタミンピーマン、県産ゆずコショウを使った冷凍商品が誕生した…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

あわせて読みたい

注目の特集