「性格が違う」 中国海警法施行で日本領海侵入の何が変わったか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
尖閣諸島・魚釣島。右奥は(左から)北小島、南小島=2012年9月、本社機「希望」から
尖閣諸島・魚釣島。右奥は(左から)北小島、南小島=2012年9月、本社機「希望」から

 中国海警局の武器使用規定を明文化した「海警法」の施行後、同局に所属する公船が6日、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海に初めて侵入した。政府は尖閣に対する日本の実効支配を崩す狙いがあるとみて警戒を強め、自民党も海警法への対抗策の検討を始めた。緊張は一層高まっている。

8時間半にわたり日本漁船に接近・追尾

 自民党は9日、国防・外交部会などの合同会議を開き、1日に中国が施行した海警法に対する対抗策を巡る協議をスタートさせた。大塚拓国防部会…

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1555文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集