プロ雀士、弁護士経てデビュー 「このミス」大賞の作家・新川帆立さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第19回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した作家・新川帆立さん=東京都千代田区で
第19回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した作家・新川帆立さん=東京都千代田区で

 今年1月、茨城県立土浦一高出身の新川帆立さん(29)が第19回「このミステリーがすごい!」大賞の受賞作で作家デビューを果たした。弁護士で、プロ雀士の経験もある異色の経歴。出版された「元彼の遺言状」(宝島社)も、自身の経験を生かしたリーガルミステリーだ。念願かなっての船出に「ミステリーに限らず多ジャンルに挑戦したい」と飛躍を誓う。【小林杏花】

 アメリカのテキサス州で生まれ、宮崎市で育った。高校入学前に父親の転勤で土浦市に引っ越すと、土浦一高に進学した。

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1649文字)

あわせて読みたい

注目の特集