医療費自己負担引き上げ法案 首相官邸が避けた「2文字」とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年9月11日午前の官房長官記者会見で、消費増税に関する見解を示す菅義偉氏=首相官邸ウェブサイトより
2020年9月11日午前の官房長官記者会見で、消費増税に関する見解を示す菅義偉氏=首相官邸ウェブサイトより

 5日に閣議決定された75歳以上の医療費自己負担を引き上げる法案に、今後の社会保障改革の方向性を示すある規定が盛り込まれた。この規定が最終的に固まるまでの文面調整を巡って、厚生労働省は当初、税などを想定したある「2文字」を入れ込もうと画策したものの、首相官邸が難色を示したことで最終的には採用されなかった。高齢化の進展に伴い社会保障費が急増し、抜本的な対応策を求める声は根強い。しかし、国民の負担増に直結しかねないテーマゆえに、政府・与党とも手を出しあぐねている。【原田啓之】

厚労省幹部がポツリともらした言葉

 1月18日夕、厚労省の幹部が首相官邸を訪れていた。用件を済ませ、官邸内のエレベーターから3階のエントランスホールに姿を現したタイミングで記者が声をかけると、幹部は「(加藤勝信)官房長官宛て」とポツリと答えた。そのまま正面玄関の外に待たせてあった公用車に足早に乗り込んで去っていった。

 関係者によるとその時の用件は、…

この記事は有料記事です。

残り3610文字(全文4022文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集