びわ湖毎日出場選手発表 五輪代表・中村匠吾ら 最後の滋賀開催

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
びわ湖毎日マラソンに出場する東京オリンピック男子マラソン代表の中村匠吾
びわ湖毎日マラソンに出場する東京オリンピック男子マラソン代表の中村匠吾

 第76回びわ湖毎日マラソン(28日、滋賀・皇子山陸上競技場発着)=毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛=の出場選手が9日、発表された。招待選手は今夏の東京オリンピック男子マラソン代表の中村匠吾(富士通)ら8人がエントリー。中村は優勝した2019年9月の東京五輪代表選考会以来のマラソンとなる。

 現在開催されているマラソンで最も長い歴史を誇るびわ湖毎日は、22年に大阪マラソンと統合されるため、滋賀県で開催されるのは今大会が最後となる。

 9日にオンラインで会見した瀬古利彦・日本陸上競技連盟マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、中村について「万全な体調ではないと聞いている」と説明。ただし東京五輪前までにマラソンを1回走るため、出場に向けて準備しているという。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文562文字)

あわせて読みたい

注目の特集