連載

やまと・民俗への招待

毎日新聞デジタルの「やまと・民俗への招待」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

やまと・民俗への招待

コロナと祭り /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症の流行が2年目を迎えた。万葉集「梅花の歌三二首」の序文中の「初春令月、気淑風和」から生まれた令和の3年目は、令(うるわ)しい月も和(やわらか)な風も望むべくもなく、「コロナ2年」となって私たちの不安を煽(あお)り続けている。

 この欄もコロナ問題は無縁ではない。突然現れたコロナ関連の流行語氾(はん)濫を、隠語的な性格があるのではないかと指摘した。マスクをつけ細心の注意をして実施された葛城市の調田坐一事尼古神社のオンダ行事や、明治12年のコレラ流行を潜(くぐ)り抜けた記念に刻まれた香芝市の志都美神社の石碑、奈良市の添御縣坐神社の絵馬奉納のことも紹介した。

 この流行病は終息するまでには何年も時間を要するのでは、と当初から指摘があったが、不可解な逆向きの施策が講じられ、状況は好転せず、緊急事態宣言が繰り返し発令されている。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1212文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集