特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

眞子さまの結婚と報道のあり方

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚延期が発表されて3年が経過した。先行きが見通せない中、小室さんと小室さんの母親に対する週刊誌を中心としたバッシングとも言える報道はとどまる気配がない。一人の女性皇族の結婚を巡って意見が飛び交う状況から何が見えるだろうか。識者に聞いた。

外野が騒ぐ筋合いではない 三浦瑠麗・国際政治学者

 小室圭さんとの結婚を望む眞子さまの強いお気持ちは2020年11月に宮内庁を通じて公表した文書によく表れていると感じた。周囲に祝福されなくても法律上は結婚できる。反対される結婚は世の中にごまんとあるのだから、仮に女性皇族が駆け落ち同然に結婚したとしても不思議はない。眞子さまは一般人になるのだから、外野がとやかく言う筋合いの話ではないと思う。

 眞子さまには結婚する自由があると同時に、逆説的だが結婚がうまくいかないことに直面する権利もある。人生にはさまざまな判断を迫られる場面がある。重要なのは自分で選択し、決める経験を積むこと。そうでなければ全て他人に決めてもらう人生になってしまう。どこの家でも親が子に意見することはあるだろうが、最終的に強制することはできないし、秋篠宮さまもよく分かっているはずだ。

この記事は有料記事です。

残り3904文字(全文4428文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集