連載

きょうのセカンドオピニオン

読者からの身近な病気や健康の悩みに、専門医が答えます。

連載一覧

きょうのセカンドオピニオン

食道裂孔ヘルニア 治療は=答える人・上西紀夫院長(公立昭和病院・消化器外科)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
上西紀夫院長(公立昭和病院・消化器外科)
上西紀夫院長(公立昭和病院・消化器外科)

 Q 食道裂孔ヘルニア 治療は

 胃カメラで食道裂孔ヘルニアがあると言われました。高齢なので手術はちょっと抵抗があります。治療法はありますか。(山口県、女性、78歳)

 A 滑脱型は症状なければ食事で改善も

 横隔膜にある食道が通る穴を食道裂孔といい、その穴がゆるみ、胃が飛び出すことを食道裂孔ヘルニアといいます。食道との境目にある胃の噴門が飛び出る「滑脱型」が多いです。噴門は通常、閉じていて、食べ物が通る時に開きます。胃の内視鏡で診断されたのなら、噴門を閉める力も弱まり開いていた可能性があります。その場合、胸やけなどの症状が表れる逆流性食道炎の診断もつくことが一般的ですが、症状のない人…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文733文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集