養育費不払い解消策を法制審に諮問 「共同親権」も議論へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
養育費不払い問題の解消に向け、法制度の見直しを法制審議会に諮問する上川陽子法相(中央)=東京・霞が関の法務省で2021年2月10日、村上尊一撮影
養育費不払い問題の解消に向け、法制度の見直しを法制審議会に諮問する上川陽子法相(中央)=東京・霞が関の法務省で2021年2月10日、村上尊一撮影

 上川陽子法相は10日、父母の離婚に伴う子の養育のあり方に関する法制度の見直しを法制審議会に諮問した。約140万とされるひとり親世帯の半数が貧困状態にあり、離婚後の養育費不払いがその要因の一つとなっている実態を踏まえ、養育費不払い解消に向けた方策が主な論点となる。夫婦双方が子の養育に携わる「共同親権」を離婚後も認めるかどうかについても議論され…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集