警察犬クレバ、復帰直後にお手柄 神戸の不明高齢女性を発見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
勢いよく走るクレバ=2021年2月(県警提供)
勢いよく走るクレバ=2021年2月(県警提供)

 行方不明者の捜索後に山中で逃げ、3カ月の訓練を経て4日に現場復帰を果たしたばかりの兵庫県警の警察犬「クレバ」(シェパードの雄、2歳)が7日、神戸市内で行方不明になった高齢女性を発見する早速の「お手柄」を挙げた。捜索を要請した葺合署長から12日に表彰を受ける。

 葺合署によると、7日午後0時半ごろ、神戸市中央区に住む80代女性の家族から「(女性が)家を出たまま行方不明になった」と通報があった。同署は午後3時ごろに警察犬の派遣を要請し、クレバが出動することに。

 クレバは女性宅で、女性が使っている枕の匂いをかぎ、午後4時半ごろに追跡を開始。地面に鼻をつけたまま約1・7キロの道のりを歩き続け、午後5時20分ごろ、中央区内の住宅街で路上にいた女性を見つけたという。女性にけがはなく、無事家族の元に帰った。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文665文字)

あわせて読みたい

注目の特集