特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

国内の変異株感染者100人超 死亡リスク増加?専門家「警戒」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
変異株による国内の市中感染状況
変異株による国内の市中感染状況

 新型コロナウイルスの変異株に感染した人が国内で100人を超えた。埼玉県では大規模クラスター(感染者集団)が発生するなど、感染は徐々に広がっている。世界保健機関(WHO)は「感染力は最大で7割増している」と評価し、専門家は警戒感を強めている。【林奈緒美、小川祐希、金秀蓮】

 国内での変異株の感染者は、昨年12月25日に羽田空港と関西国際空港の検疫で初めて確認された。1月18日には市中感染とみられる感染者として、海外渡航者と接点がない3人が静岡県で確認された。10日に新たに判明した兵庫県の3人を含め感染者は計108人で、うち空港検疫は43人、市中感染の疑い例は1都10県で51人、海外滞在者やその接触者は14人。また、英国由来の株の感染者は93人、南アフリカは11人、ブラジルは4人だ。

 埼玉県では変異株により二つのクラスターが発生している。保育施設では10歳未満の子どもと従業員ら11人の感染が確認された。もう一方のクラスターは、職場を感染源に広がったとみられる。

 ただ、静岡県の市中感染はクラスターに発展しなかったため、厚生労働省幹部は「現状では感染力が従来より強いのか判断できない」と話す。1月21日までに約1万8000検体が分析済みで、加藤勝信官房長官は10日の記者会見で「ほとんどの(変異株の)症例はリンク(感染経路)が追えている。市中で全くリンクがない状況で変異株に感染する状況ではない」と述べた。

 WHOによると、2月8日時点で英国由来の変異株は86カ国…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1311文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集