特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

データから読み解くコロナワクチン これまでに分かったこと

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチン=AP
米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチン=AP

 新型コロナウイルス流行収束のカギを握るワクチン。日本でも、間もなく医療従事者への先行接種が始まる見通しだ。インターネット上では、副反応について科学的根拠(エビデンス)がない情報も出回っている。海外で緊急使用が許可されたワクチンに効果はあるのか。副反応が起こる頻度は高いのか。先行する米国のデータを読み解きたい。

エビデンスのない情報が不信感に?

 英調査会社イプソス・モリが、日米欧など主要15カ国を対象に1月にオンラインで実施したワクチンに対する意識調査によると、昨年12月の同様の調査と比べ、全ての国で接種を強く希望する人が大幅に増えた。ただし、日本では「接種に強く同意する」と回答した人の割合が15カ国中で最も低く、17%との結果だった。

 また、大阪府が1月に実施した府民1000人を対象にした調査では、ワクチン接種を希望する人は62・4%、希望しない人は21・9%だった。接種を希望しない個別の理由は不明だが、エビデンスのない情報が不信感につながっている可能性も否定できない。

 では、ワクチンについて、これまでにどんなエビデンスが蓄積されているのか。昨年12月に接種が始まった米国の状況をまとめている、米疾病対策センター(CDC)の資料を基に確認したい。米食品医薬品局は昨年12月、米製薬大手ファイザー製と、米バイオ企業モデルナ製のワクチンの緊急使用を許可し、米国内で接種が進む。日本政府も両社からワクチン供給を受ける予定だ。

治験には4万3000人以上参加「有効率は95%」

 まず、有効性はどうか。ファイザー製、モデルナ製はいずれも「遺伝子ワクチン」と呼ばれ、ウイルスの遺伝子の一部…

この記事は有料記事です。

残り1563文字(全文2257文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集