ドローン、災害時に活用 下妻市、協会支部などと協定 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
散水用ホースを付けて実演飛行する大型ドローン(背景は筑波山)=茨城県下妻市で2021年2月5日、安味伸一撮影
散水用ホースを付けて実演飛行する大型ドローン(背景は筑波山)=茨城県下妻市で2021年2月5日、安味伸一撮影

 下妻市は5日、日本ドローン協会茨城支部(常総市)などと「無人飛行機による災害対策活動に関する協定」を結んだ。災害時にドローンを飛ばして状況の把握に役立てるほか、必要に応じて緊急物資の輸送なども行う。同協会が自治体とこうした協定を締結するのは県内初。

 市と協定を交わしたのは、同支部とドローン操縦の講…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

あわせて読みたい

注目の特集