広がれ、有機農業 若手農家5人が販売会、イベント さいたま /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR大宮駅近くで有機野菜を販売する田島友里子さん(左奥)=さいたま市で2020年12月
JR大宮駅近くで有機野菜を販売する田島友里子さん(左奥)=さいたま市で2020年12月

 さいたま市内や周辺で農薬などを使わずに野菜を育てる若手農家5人が「さいたま有機都市計画」を結成し、普及活動に取り組んでいる。畑と都市部との近さを生かし、繁華街の駅などで販売会やイベントを開催。メンバーは「さいたま市を有機農業の街に」と意気込む。

 2020年12月上旬、JR大宮駅近くの空き地に新鮮な大根やニンジン、ホウレンソウなどが並んだ。市内で「こばと農園」を営むグループの代表、田島友里子さん(34)が「全部、自然栽培で農薬や肥料を使っていません」と説明。客…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

あわせて読みたい

注目の特集