連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

政府・自民、学術会議改革 「文系減」要求、弱体化狙い 議論先行に会員反発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉首相による任命拒否問題を発端にした日本学術会議のあり方改革を巡り、政府・自民党は学術会議に人文・社会科学系の会員比率を見直すよう求めている。実際の研究者総数の割合を考慮すると多すぎる、というのが理由のようだが、文系への「圧力」とも受け取れる。こうした要請は、政府が進める科学技術政策と矛盾するとの声も上がっている。【岩崎歩】

 学術会議は第1部(人文・社会科学)、第2部(生命科学)、第3部(理学・工学)の三つの部で構成され、定員はそれぞれ70人。各部には専門分野別に10の分野別委員会がある。このほか、三つの部の枠を超えた異なる分野の会員で構成する「課題別委員会」などを設置している。

この記事は有料記事です。

残り2392文字(全文2688文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集