連載

PICKUP

科学界の最新トピックスをピックアップします。

連載一覧

PICKUP

コロナ予測へ新手法 解析対象項目増やす 東大など開発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの流行状況を従来よりも詳しく把握したり予測したりできる手法を、東京大などの研究チームが開発し、国際的な専門誌「マセマティカル・モデリング・オブ・ナチュラル・フェノメナ」に発表した。解析の対象とする項目などを増やし、1人の感染者がうつす人数(実効再生産数)など感染実態を示す指標を正しくとらえられるようになったという。

 感染症の状況を数学を使って説明する手法を「数理モデル」と呼ぶ。これまでは「未感染者数(S)」「潜伏期間中の感染者数(E)」「他者にうつす感染者数(I)」「回復者数(R)」の四つの数値から分析する「SEIRモデル」が一般的だった。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文761文字)

あわせて読みたい

注目の特集