特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

バイデン氏、対中強硬姿勢の本気度示す 台湾、香港巡り踏み込む

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=2021年2月10日、AP
バイデン米大統領=2021年2月10日、AP

 米中首脳は10日(米東部時間)、バイデン政権発足後に初めて電話協議を行ったが、台湾や香港情勢などを巡り、立場の違いが改めて浮き彫りになっている。

 バイデン米大統領は10日、就任後初の習近平・中国国家主席との電話協議で、中国が一切の妥協を拒む「核心的利益」と位置づける台湾や香港、新疆ウイグル自治区の問題に踏み込んだ。民主主義や人権に関わる問題に強い態度で臨む姿勢を突きつけた形だ。就任前は「中国に弱腰になるのでは」との観測もあったが、バイデン政権は次々と対中強硬姿勢を繰り出し、本気度を示している。

 「平和を維持し、インド太平洋地域や世界で米国の利益を守るためには中国の増大する脅威に対処しなければならない」。この日、バイデン氏は習氏との電話協議に先立ち、国防総省で職員向けの演説でそう訴えた。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1100文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集