特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

森喜朗会長辞任へ 自ら後任指名 禅譲劇も「密室」での幕引き

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年2月、東京オリンピック・パラリンピックの選手村村長の就任記者会見を終えて記念写真に納まる川淵三郎氏(右)と森喜朗氏=東京都中央区で、円谷美晶撮影
2020年2月、東京オリンピック・パラリンピックの選手村村長の就任記者会見を終えて記念写真に納まる川淵三郎氏(右)と森喜朗氏=東京都中央区で、円谷美晶撮影

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)は11日、女性を蔑視する発言をした責任を取り、会長を辞任する意向を周囲に伝えた。複数の関係者が明らかにした。組織委が12日に開く緊急会合で表明する見通し。後任は元日本サッカー協会会長で組織委の評議員を務める川淵三郎氏(84)で調整している。2人は東京都内で会談し、森氏の就任要請に川淵氏は会長職を受ける意向を示したという。

 森会長を辞任に向かわせたのは、開催都市のトップである東京都の小池百合子知事の発言だった。10日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が提案し、今月中旬で調整されていた4者協議への出席を拒んだ。開幕まで残り5カ月あまり。感染症対策など一刻も早い課題解決が迫られる中、重要な協議の場を先送りせざるを得なくなった。組織委幹部は「辞めろと言っているようなもの」とつぶやいた。

 これを受け、急転直下、事態が動き始めた。森氏を擁護してきた政府関係者の間でも一転、「どうやったら森会長に辞めていただけるか。官邸も自民党も見限り始めている」と動きが慌ただしくなり、森氏が辞意を固めたとの情報が流れ始めた。

 森氏は機先を制した。関係者によると、…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文918文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集