疫病終息力強く 古代象形文字、竹本さん揮毫 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
竹本大亀さん(中央)が書いた「疫病終息」の4文字=京都市左京区の平安神宮で、福富智撮影
竹本大亀さん(中央)が書いた「疫病終息」の4文字=京都市左京区の平安神宮で、福富智撮影

 毎日新聞京都面「毎日紙上書道展」審査員で、古代象形絵文字作家の竹本大亀さん(68)が11日、新型コロナウイルス禍の終息と世界平和を願い、平安神宮(京都市左京区)で「疫病終息」の書を書き上げた。

 名古屋市に事務局を置く「和プロジェクトTAISHI」主催の「2・11 和の国日本 建国記念の奉祝揮毫(きごう)」の一環。コロナ禍終息と…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集