特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

総務省、東北新社子会社だけハイビジョン未対応で認定 予算委詳報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で立憲民主党・森山浩行氏の質問に答えるため挙手する総務省の秋本芳徳情報流通行政局長(左)。右手前は武田良太総務相=国会内で2021年2月12日午前11時20分、竹内幹撮影
衆院予算委員会で立憲民主党・森山浩行氏の質問に答えるため挙手する総務省の秋本芳徳情報流通行政局長(左)。右手前は武田良太総務相=国会内で2021年2月12日午前11時20分、竹内幹撮影

 放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男が総務省幹部を接待したとされる問題を巡り、総務省は12日の衆院予算委員会で、2018年にCS放送業務として認定された12社16番組のうち、東北新社子会社の番組だけがハイビジョン未対応で認定されたことを認めた。詳報は以下の通り。

ハイビジョン対応で落選の番組も

 後藤祐一氏(立憲) 菅総理の息子さんが部長を務める東北新社。東北新社が9割近い株を持っている株式会社「囲碁将棋チャンネル」がある。18年4月6日、東経110度のCS放送にかかる衛星基幹放送の総務省などの業務認定というものが行われている。そこで認定された番組は11社15番組についてはハイビジョン(HDTV)。ただ一つ囲碁将棋チャンネルだけがハイビジョンでない形で認定されている。湯本審議官は当時、この局の放送政策課長だ。答えてください。

この記事は有料記事です。

残り2515文字(全文2887文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【菅首相長男接待】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集