チック・コリアさん死去 「音楽で愛届けた」追悼 最後の言葉も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2017年、ロシアでのコンサートで演奏するチック・コリアさん=AP
2017年、ロシアでのコンサートで演奏するチック・コリアさん=AP

 米ジャズピアニストの巨匠チック・コリアさんが9日、がんのため死去した。79歳だった。チック・コリアさんの公式フェイスブックページによると「最近発見されたまれな種類のがん」のためだという。

 コリアさんは1968年、トランペット奏者の故マイルス・デイビスさんのバンドに加入。アルバム「In a Silent Way」「Bitches Brew」に参加して話題を集めた。ソロ活動に加えて、ピアニストのハービー・ハンコックさんとのデュオや自身のグループ「Return to forever」なども人気を集めた。昨年夏には、モーツァルトやショパンを演奏したソロ…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文691文字)

あわせて読みたい

注目の特集