大戸川ダム建設の凍結解除へ 国と流域6府県の調整会議で了承

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国が建設を凍結した淀川水系・大戸川(だいどがわ)ダム(大津市)を巡り、国土交通省近畿地方整備局は12日、流域6府県との調整会議をオンラインで開いた。建設に慎重だった大阪府と京都府が治水効果を認めて容認に転じ、大戸川ダムの凍結解除手続きに入ることを全会一致で了承した。国は今後、河川整備計画を変更する…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

あわせて読みたい

注目の特集