特集

森五輪組織委会長辞任

東京オリ・パラ組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言から辞任。五輪憲章にも背く発言に、国内外から批判が集まりました。

特集一覧

橋本聖子五輪相、森会長の後任に浮上 女性の就任求める声相次ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣議に臨む橋本聖子五輪担当相=首相官邸で2021年2月12日午前8時20分、竹内幹撮影
閣議に臨む橋本聖子五輪担当相=首相官邸で2021年2月12日午前8時20分、竹内幹撮影

 女性蔑視発言の責任を取って12日、辞任を表明した東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)の後任に、橋本聖子五輪担当相(56)の名前が挙がっている。複数の関係者が明らかにした。

 組織委幹部によると、森氏は当初、元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)を後任に推す予定だった。2人は11日に東京都内で会談し、川淵氏は関係者の了解が取れていることを条件に受ける意向だった。しかし、森氏の後継指名を巡って「密室政治」と批判が上がり、一夜で撤回した。

 密室批判を回避し、男女平等の理念を実現するため、関係者からは「女性会長」を求める意見が相次いだ。橋本氏は現役時代、スピードスケートと自転車で夏冬計7回の五輪に出場した実績を持ち、日本オリンピック委員会(JOC)の副会長も務めていた。政府関係者は「橋本氏は政治家でオリンピアン。IOC(国際オリンピック委員会)との関係も考えると他にはいない」と話す。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文667文字)

【森五輪組織委会長辞任】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集