特集

おとなの週末

覆面取材で見つけた旨いお店の情報を掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』公式サイト(講談社ビーシー)からの提供記事を掲載しています。

特集一覧

おとなの週末

都心から約1時間、団地の中に密集する“リトル・ベトナム”に潜入!

情報提供おとなの週末

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

なかなか海外に行けない今こそ、知っておきたい街がある。そこに行けば、ある国へ行った気分になれるという。ここは神奈川か、ベトナムか……。現地の潜入ルポをお届けします。

神奈川の“渋谷”にある「いちょう団地」

都心から約1時間ほど小田急江ノ島線に揺られて辿り着く、神奈川県の「高座渋谷駅」。そこからグーグルさんを頼りに歩くこと約15分、泉区にある巨大な“いちょう団地”が、今回の現場なのだ。

きっかけは、アジアめし好きの友人からの「ナントカ渋谷ってとこにある、超ディープなベトナム料理屋に行こう」という誘い。早速軽い気持ちで行ってみたのだが、そこはスクランブルに人が行き来する交差点どころか、道行く人の姿がほとんどない、静か〜な渋谷だった。が、しかし。この団地内に存在するベトナム料理店が、確かに凄かった。

現地に迷い込んだ雰囲気バツグンのお店

IMG-4357_1613126283 妖しく光が漏れる『タン・ハー』の扉。ただしこれは厨房側の入り口 まずは『タン・ハー』。白い小屋のような佇まいの引き戸を開けると、壁一面のベトナム食材。 _0025201_1613126387 現地感満載な店内。買い物だけでもOK 冷蔵・冷凍ケースには野菜や肉、魚介もぎっしりある(全部購入可)。そして昔の学食のような横長の机に、その日はベトナム人と日本人が7対3位の比率で、ほぼ満席状態で着席。 _0025197_1613126469 読み応えありすぎのメニューは4フィンガーの厚さ 加えてメニューは電話帳レベルの分厚さで、ナニこれ、アガる〜! それぞれのページに料理の写真と説明、さらに「香りの強いマニアック料理です。気をつけて下さい」の文字を発見した日にゃあ、即オーダー!

ビールも自分で取りに行くスタイルで(コンビニ価格)、気楽でいいねぇ。 _0025204_1613126602 この皿にブン(米麺)も付いて1000円 _0025203_1613126664 揚げ春巻きは8本で600円

いちょう団地内一のレストラン

俄然盛り上がった我々は、そこから数分歩いたところにある『サイゴン』に移動。こちらは、いちょう団地内一のレストランのようで、テーブルや椅子もちょっと立派。

メニューも先ほどの電話帳とは打って変わって、写真のレイアウトも小綺麗だ。この手の場合ポーションも少なめと思いがちだが、これが大いなる油断。 IMG-4363_1613126816 『サイゴン』は盛りもイイ。牛ハチノスのサラダ(上)1000円 バイン・コット(ベトナム風たこ焼き)は1個が3L卵強のサイズだし、牛ハチノスのサラダとか、ちょっとしたパーティサイズですよ。フォーでも食べて締める予定だったが、さすがにここでギブ。ただ、こちらの自家製チリソースがかなり美味しかったので、味変には効果絶大であった。 IMG-4362_1613126908 生地にココナツの風味がしっかり利いてるバイン・コットは800円 腹パンも限界に達してしまったので帰路に着いたが、ホントは隣接店のバインミーや、ローストポーク&ダックも食べたかった。

なによりトライすればよかったと後悔しているのは、漏れ聞こえる歌詞がすべてベトナム語のカラオケスナック。脳裏に焼きついたその甘い歌声のおかげで、駅までの道のりが寂しくなかった。このパスポートなしで行ける東京から一番近いベトナム、満足度高ですよ。


※店のデータは、2021年1月号発売時点の情報です。

関連記事

2021年のブレイクグルメをおとなの週末編集部が大予想!

コンビニの2020年人気No1スイーツ&冷凍食品を食べ比べ!

スーパー、コンビニ、街ナカで見つけた2020トレンドグルメ

“天空系モンブラン”で栗ペーストの搾りたてを満喫!

12の百貨店に聞いたデパ地下の2020年人気No1惣菜!

あわせて読みたい

注目の特集