鳥インフル ウイルス、高病原性 潮来の野鳥 県、10キロ圏調査へ /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 潮来市内で見つかった野鳥の死骸からA型鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、県は12日、ウイルスを詳細に検査した結果、致死率の高い高病原性だったと発表した。県は環境省、千葉県と連携し、野鳥監視重点区域(死骸の回収地点から10キロ圏内)を緊急調査する。

 県によると、同市内で見つかったコブハクチ…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

あわせて読みたい

注目の特集