東日本大震災

石巻とつながる本棚や家具導入 角川武蔵野ミュージアム /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
石巻工房の本棚や椅子、テーブルなどが並ぶ武蔵野回廊=埼玉県所沢市東所沢和田で2021年2月9日、清藤天撮影
石巻工房の本棚や椅子、テーブルなどが並ぶ武蔵野回廊=埼玉県所沢市東所沢和田で2021年2月9日、清藤天撮影

 東日本大震災で被害を受けた宮城県石巻市にある「石巻工房」の本棚や家具が、角川武蔵野ミュージアム(所沢市)5階の武蔵野回廊・武蔵野ギャラリーで使われ、家具を通じて現地とつながっていく大切さなどを来館者に静かに伝えている。

 導入したのは本棚のほか、椅子、テーブル、ベンチなど49点。木材は県西部の特産「西川材」を使い、本棚以外は石巻工房の焼き印が押さ…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

あわせて読みたい

注目の特集