特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

渡邊十絲子・評 『電柱鳥類学 スズメはどこに止まってる?』=三上修・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
『電柱鳥類学 スズメはどこに止まってる?』
『電柱鳥類学 スズメはどこに止まってる?』

 (岩波科学ライブラリー・1430円)

地球の長い歴史では一瞬のタイミング

 都市部の住宅街では、路地を歩いていても、部屋の窓からも、たくさんの電柱や電線が見える。そしてそこにはいつも鳥が止まっている。わたしにとってはこれが原風景のようなものだ。鳥は電線にしがみついているわけではなく、ちょこんと軽く乗っているだけに見える。乗り方が不安定だし、そもそも電線はよく揺れるのに、鳥はうっかり落ちたりしないのか。ぐらぐらするところに止まるのはイヤではないのか。どうやってバランスをとっているのか。

 むかし、この問題についていろいろな人が仮説を述べたうちに、「鳥はもし落ちたら飛べばいいと思っているから電線に止まれる」という答えがあった。そしてその答えが哲学的ですばらしいと作家の誰かがほめていた。答えた人の名もほめた人の名も思い出せない。しかしそれぐらい記憶がかすんでもなお、「鳥はなぜ電線を好むのか」問題はわたしに強烈な印象を残している。

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文2089文字)

あわせて読みたい

注目の特集