「お試し価格」巡る通販トラブル急増 悪質表示、実際は定期購入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インターネット通販でトラブルが相次いでいる「お試し価格」表示の例。「1袋分を無料割引」と大きく書かれた下に「2回目の発送分(合計20袋)の購入をお約束いただく」と注意書きがある(画像の一部を加工しています)
インターネット通販でトラブルが相次いでいる「お試し価格」表示の例。「1袋分を無料割引」と大きく書かれた下に「2回目の発送分(合計20袋)の購入をお約束いただく」と注意書きがある(画像の一部を加工しています)

 通販サイトで健康食品などを「お試し価格」で1回だけ購入できるかのように表示されているのに、定期購入させられるトラブルが全国で相次いでいる。国民生活センターによると、定期購入に関する相談は2019年度に前年度の2・2倍に急増し5万件を突破、20年度もさらに4割程度増える見通しだ。新型コロナウイルスの影響で通販サイトの利用が増えたこともトラブル拡大に拍車を掛けているとみられ、消費者団体などは「詐欺的な定期購入商法に法規制を」と提言する。

 典型的なパターンは「初回購入限定」などと無料や大幅割引を大々的にうたう一方で、定期購入が初回契約の条件とされている。このため、1回だけの「お試し購入」はできない。さらに定期購入が思わぬ長期間や高額…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1304文字)

あわせて読みたい

注目の特集