外国人労働者、2万1560人 前年比6.8%増 07年以降最多 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 府内で働く外国人(特別永住者を除く)は、前年より6・8%増えて2万1560人(2020年10月末現在)となり、届け出が義務化された07年以降、過去最多を更新したことが京都労働局の集計で分かった。外国人を雇用している事業所も13%増え、過去最多の4221カ所となった。

 国籍別では、中国が最多の6200人。ベトナム5983人▽フィリピン1421人▽韓国1260…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集