特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「危険」「激務」コロナ消毒 「周りに知られたくない、防護服なしで作業を」 人手不足、理不尽な差別も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
救急車の中を防護服姿で消毒する感染症予防衛生隊員=東京都ペストコントロール協会提供
救急車の中を防護服姿で消毒する感染症予防衛生隊員=東京都ペストコントロール協会提供

 新型コロナウイルスの感染者が出たオフィスなどを消毒する業者が多忙を極めている。まん延防止に不可欠の仕事だが、専門的な技術も必要で従事する業者は多くない。コロナに関する偏見は今も根強く、作業を周囲に知られるのを嫌がって「防護服は着ないで消毒して」と求められることも。差別や人手不足に悩みながら、連日現場に向かう。

 1月下旬。消毒会社「ペガサス」(東京都台東区)のスタッフ4人が都内にある美容整形外科のクリニックに入った。時刻は午後10時過ぎ。消毒は営業時間の終了後に行われることが多く、遅くなりがちだ。このクリニックでは事務担当の社員の感染が確認されていた。

この記事は有料記事です。

残り1363文字(全文1642文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集