特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

国際女性デー2021 五輪33競技、女性理事16% 国指針40%以上、サーフィンはゼロ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)=12日に辞任表明=による女性蔑視発言を受け、毎日新聞は五輪で実施される競技(33競技)の国内各中央競技団体35団体における女性理事比率を調べた。全理事に占める女性の割合は平均16・6%にとどまり、女性理事ゼロの団体もあった。「国際女性デー」を3月8日に控え、女性が意思決定の場に参加することがいまだに難しいスポーツ界の現実が浮かび上がった。

 中央競技団体の中で女性理事の割合が最大なのは全日本テコンドー協会の36・4%。日本サーフィン連盟は女性理事がゼロだった。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文678文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集