福島・宮城震度6強は「逆断層型」 長周期地震動は最大の階級4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2月13日深夜の福島県沖地震と、過去の地震の発生場所(震央)。丸の大きさはマグニチュードの大きさ、赤い線は海溝軸を示している=気象庁の発表資料から
2月13日深夜の福島県沖地震と、過去の地震の発生場所(震央)。丸の大きさはマグニチュードの大きさ、赤い線は海溝軸を示している=気象庁の発表資料から

 13日夜に発生したマグニチュード(M)7・3の強い地震で宮城県と福島県では最大震度6強を観測したが、震源の福島県沖は専門家が「もともと地震活動が活発な地域だった」と指摘する地域だ。気象庁は「今後1週間程度は、最大震度6強程度の地震に注意を」と呼びかけており、十分な警戒が必要だ。

 13日夜の地震は、深さ55キロの太平洋プレート内で発生した。地殻を東西に圧縮する力が働き、断層が上下方向にずれ動いた「逆断層型」の地震とみられる。震源は東日本が乗っている北米プレートとの境界より15キロほど深く、大きな津波が発生しなかったとみられる。

 発生地点は、東日本大震災の地震の震央から南西に110キロ離れた地点。気象庁は岩手県沖から千葉県沖の「余震域」で発生したM9を下回る地震を「余震と考えられる」としている。このため今回の地震も余震との見解を示した。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文1021文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集