新型コロナワクチン、国内初の正式承認 米ファイザー製

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米製薬大手ファイザーのロゴ=AP
米製薬大手ファイザーのロゴ=AP

 厚生労働省は14日、米製薬大手ファイザー社が申請した新型コロナウイルスワクチンを正式に承認したと発表した。新型コロナウイルスワクチンの承認は国内で初めて。政府はファイザー社と年内に1億4400万回分(2回接種で7200万人分)の供給を受けることで契約しており、17日にも医療従事者約1万人を対象にした先行接種が始まる。

 12日に開かれた厚労省薬事・食品衛生審議会の専門部会が、緊急時などの条件の下で通常よりも手続きを簡略化できる「特例承認」を了承。これを受け、田村憲久厚労相が14日に正式に承認した。

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1229文字)

あわせて読みたい

ニュース特集