連載

見上げてごらん

科学や医療を巡るあらゆる出来事を永山悦子・オピニオングループ編集委員が読み解きます。

連載一覧

見上げてごらん

無意識の怖さ=永山悦子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャンパスでのセクハラ問題の改善を求める若手研究者たちの団体のツイッター=チェンジアカデミアのアカウントより
キャンパスでのセクハラ問題の改善を求める若手研究者たちの団体のツイッター=チェンジアカデミアのアカウントより

 「過去50年の偉大な発見として、インターネット、(質量の起源の)ヒッグス粒子、そして、特に『無意識のバイアス』を挙げたい」。2014年の米ボストン大での卒業式で、米マサチューセッツ工科大(MIT)名誉教授の分子生物学者、ナンシー・ホプキンスさんが、こんなあいさつをした。

 無意識のバイアスとは、私たちの脳に知らず知らずのうちに刻み込まれた男女や人種、貧富などに関するバイアス(偏見)のこと(男女共同参画学協会連絡会のパンフレットより)。米国の行動経済学者が1982年に提唱した。

 ホプキンスさんたちは、MIT内の無意識のバイアスによる性差別の実態を調査し、99年に報告書をまとめた。その結果、女性科学者が男性科学者との競争で不利益をこうむるのは、無意識のうちに女性が過小評価されてきたため、ということが明らかになった。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文975文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集