個人消費持ち直し影響 10~12月期GDP年率12.7%増

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
GDP成長率の推移
GDP成長率の推移

 内閣府が15日発表した2020年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比3・0%増、この状態が1年続いた場合の年率換算では12・7%増で2四半期連続のプラスとなった。新型コロナウイルスの感染が一時的に落ち着き、経済対策による下支えもあって個人消費が持ち直したことや、アジア向けの輸出が好調だったことが寄与した。

 20年の実質成長率の速報値も発表され、戦後2番目に悪い4・8%減だった。コロナ禍の影響を受け、リーマン・ショック後の09年(5・7%減)以来、11年ぶりに通年でマイナス成長となった。

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1002文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集