トランプ氏「米国を再び偉大に」 無罪評決で影響力維持か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
議事堂乱入事件の発生前、支持者の前に現れたトランプ米大統領(当時)=ワシントンで2021年1月6日、AP
議事堂乱入事件の発生前、支持者の前に現れたトランプ米大統領(当時)=ワシントンで2021年1月6日、AP

 米共和党のトランプ前大統領(74)に対する上院の弾劾裁判は13日、議会乱入事件を巡りトランプ氏が「反乱を扇動」したとする訴追事項について、無罪評決を言い渡した。共和党から7人が造反して有罪に回ったが、有罪評決に必要な3分の2には届かなかった。

 民主(無所属2含む)、共和両党が50議席ずつの上院(定数100)で、有罪57、無罪43だった。米史上初めて2度の弾劾訴追を受けたトランプ氏は、昨年のウクライナ疑惑に関する弾劾裁判に続いて無罪…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

あわせて読みたい

ニュース特集