プーチン氏「対日関係、憲法違反はしない」 北方領土意識か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロシアのプーチン大統領
ロシアのプーチン大統領

 ロシアのプーチン大統領は「日本との関係を発展させたいし、今後も発展させていくが、憲法に反することは決してしない」と述べた。露国営放送が14日、報じた。ロシアでは2020年7月の憲法改正で領土の割譲が禁止された。プーチン氏はこれを念頭に北方領土の引き渡しを拒否する姿勢を示した可能性がある。

 プーチン氏は10日に開かれたロシアメディア幹部との懇談で発言し、一部が国営放送で放映された。プーチン氏は北方領土交渉に関する質問に対し「ラブロフ外相に聞いてほしい。どこで国境画定作業が…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

あわせて読みたい

注目の特集