広島大の講義室に命名権契約 工学部と理学部 企業2社と

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
半導体製造装置メーカー「ディスコ」が命名権を取得した工学部の講義室=広島大提供
半導体製造装置メーカー「ディスコ」が命名権を取得した工学部の講義室=広島大提供

 広島大は工学部と理学部(ともに東広島市の東広島キャンパス)にある二つの講義室について、企業2社と施設命名権(ネーミングライツ)の契約を結んだ。

 工学部講義棟B2・104講義室は、半導体製造装置メーカー「ディスコ」(東京)が命名権者で、「KKM ROOM104」となる。名称は事業領域の「切る・削る・…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

あわせて読みたい

ニュース特集