美浜町長が40年超の原発再稼働に同意 福井知事の判断焦点に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西電力美浜原発の3号機=2020年10月20日、本社ヘリから木葉健二撮影
関西電力美浜原発の3号機=2020年10月20日、本社ヘリから木葉健二撮影

 福井県美浜町の戸嶋秀樹町長は15日、運転開始から40年を超える同町の関西電力美浜原発3号機の再稼働に同意すると、竹仲良広町議会議長に表明した。40年超原発の再稼働については、同町議会のほか、関電高浜原発1、2号機が立地する同県高浜町の野瀬豊町長と同町議会も既に同意しており、今後は県議会と杉本達治知事の判断が焦点となる。

 戸嶋町長は「町民の理解や議会の同意、国や関電から地域振興などについて前向きな回答を得たことなど、(同意の)要件がすべてそろった」と説明し、「再稼働の賛成派も慎重派も安全性を気にしている。今後もしっかり注視していきたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文714文字)

あわせて読みたい

注目の特集