柏崎刈羽原発 不正入室、東電13人処分 7号機、新たな未完了工事 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
臨時記者会見で業務全般の見直しへの取り組みについて説明する橘田代表(左)ら=東京電力柏崎刈羽原発ビジターズハウスで2021年2月15日、内藤陽撮影
臨時記者会見で業務全般の見直しへの取り組みについて説明する橘田代表(左)ら=東京電力柏崎刈羽原発ビジターズハウスで2021年2月15日、内藤陽撮影

 東京電力柏崎刈羽原発のID不正入室や安全対策工事未完了を受け、東電は15日、関係者の処分などを発表した。新たに7号機の安全対策工事で通路の火災感知器の設置工事も未完了だったことが判明。同日の市議会への説明では容認・推進派の市議からも厳しい意見や質問が続出した。【内藤陽】

 この日、東電新潟本社の橘田昌哉代表らが記者会見し、処分や問題の原因と対策を公表した。

 処分は15日付。小早川智明社長を厳重注意▽牧野茂徳原子力・立地本部長をけん責▽石井武生・同原発所長を減給10%(1カ月)▽他人のIDで中央制御室に不正入室した20代の男性社員を出勤停止30日▽この社員を入室させるため独断でIDの識別情報を書き換えさせた警備担当の社員とその上司を出勤停止3日――など、計13人を処分した。

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1263文字)

あわせて読みたい

注目の特集