コハクチョウ、旅立ちの羽音 今季初 中海から北極海へ /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北方への旅立ちを始めたコハクチョウ=鳥取県米子市で、共同
北方への旅立ちを始めたコハクチョウ=鳥取県米子市で、共同

 冬鳥の越冬地として知られる鳥取、島根両県境の中海一帯で、コハクチョウの北方への旅立ちが始まった。繁殖のため、約4000キロ離れたロシアの北極海沿岸を目指す。

 米子水鳥公園(鳥取県米子市)によると、中海一帯では昨年10月以降、約1500羽が越冬。13日に北東方向へ飛び去る34羽を今季初めて確認した。…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

あわせて読みたい

注目の特集