特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

吹け赤い旋風

聖カタリナ 選手紹介/5 /愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
井上翼外野手(1年)=愛媛県伊予市で、遠藤龍撮影 拡大
井上翼外野手(1年)=愛媛県伊予市で、遠藤龍撮影

理想のフォーム研究 井上翼(いのうえ・つばさ)外野手(1年)

 1年生の中で唯一秋の公式戦8試合全てに出場。県大会決勝では先発としてマウンドにも立ち、打者の手元でわずかに曲がる速球「ムービング・ファストボール」を有効に使い無失点で2番手投手につないだ。

 「打席に立ったものの一度もヒットが出なかった」。大きな課題が残った四国地区大会。最大の原因は癖から打撃フォームが小さくなったこと。「負けず嫌い」と自らを評し、大会以降はフォームと向き合いつつ徹底的に研究を続けている。

 特技はそろばん。小学1~6年まで習っており、4桁までのかけ算なら暗算できる。好きな野球選手は米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手で「あんな風に自分も二刀流として活躍したい」。

頼りがいある主将 小沢武門(おざわ・たけひろ)主将(2年)

小沢武門主将(2年)=松山市で、遠藤龍撮影 拡大
小沢武門主将(2年)=松山市で、遠藤龍撮影

 新チームで主将に指名された。「面白さがある中でチームをまとめる力もある。本当に頼りがいのある主将」(堀越璃雄内野手)とチームメートからの信頼も厚い。

 秋の大会では悔しい思いをした。中予地区予選では背番号「5」をつけていたが、県大会からは「10」。力不足を痛感した。センバツでは「フィールドでチームの先頭に立ってみんなを引っ張っていきたい」とスタメンとして出場するため練習に打ち込む。

 将来の夢は消防士で、中学時代の恩師が大切にしていた言葉「初志貫徹」を座右の銘にしている。試合前には好きな人気ロックバンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」の曲を聴き気持ちを高める。

あわせて読みたい