連載

火論

社会部、ワシントン・エルサレム特派員などを歴任した大治朋子専門記者によるコラム。

連載一覧

火論

危うい集団思考=大治朋子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が入っている晴海トリトンスクエア=東京都中央区で、丸山博撮影
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が入っている晴海トリトンスクエア=東京都中央区で、丸山博撮影

 <ka-ron>

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の新会長人事が週内にも固まりそうだ。

 「密室政治」で決めようとして振り出しに戻った経緯があるから、さすがに今回は透明性が確保されると期待したい。手続きや経緯が明らかだと、見守る市民としても興味を抱きやすい。新会長にはぜひ、組織運営もガラス張りにしてほしい。

 そのためにも「密室政治」に陥りやすい思考をいま一度、認識しておきたい。キーワードの一つは英語で「グループシンク(groupthink)」と呼ばれる、いわゆる集団思考だ。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1015文字)

あわせて読みたい

注目の特集