特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 「武漢調査データ不足」 米が懸念、中国側と溝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの起源を探るため中国湖北省武漢で現地調査した世界保健機関(WHO)国際調査団による初期の調査結果について、米国などが「中国側は十分なデータを公開していない」として「懸念」を提起した。これに対し調査団メンバーは「中国側は協力的だった」と指摘する一方、「中国国内でのさらなる調査やデータが必要だ」と明言した。調査にめどが立ったとして「起源調査の範囲を世界に広げるべきだ」と主張する中国との隔たりが際立った。

 米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は13日、WHO国際調査団による初期の調査結果の独立性について「深い懸念」を示す声明を出し、中国は「発生初期からのデータを出すべきだ」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文677文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集