特集

森五輪組織委会長辞任

東京オリ・パラ組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言から辞任。五輪憲章にも背く発言に、国内外から批判が集まりました。

特集一覧

#五輪をどうする

失言恐れ「メモ嫌がる」「話は長い」 近くで見た森喜朗氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
元文部科学省事務次官の前川喜平氏=東京都目黒区で2021年2月10日午後6時53分、大迫麻記子撮影
元文部科学省事務次官の前川喜平氏=東京都目黒区で2021年2月10日午後6時53分、大迫麻記子撮影

 「文教族のドン」とも呼ばれた東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が女性蔑視発言の責任を取って辞任し、後任選びが続いている。そのドタバタの中で「森さんが一言発すれば皆が黙る」というスポーツ界の時代錯誤も明るみに出た。元文部科学省事務次官として森氏の影響力を知る前川喜平さん(66)に、今回の「辞任劇」を解説してもらった。【大迫麻記子/統合デジタル取材センター】

「親分―子分」関係を広げた

 ――森さんは長く文教行政の中心人物として関わってきました。どのように影響力を行使してきたのでしょうか。

 ◆森さんは、1970年代から文教一筋。「子分」というべき人を要職に就け、文教行政を動かしてきました。特にスポーツ行政には、多大な影響力を持っていました。

 たとえば第2次安倍政権から菅政権にかけ、下村博文さんから現在の萩生田光一さんまで6人の文科相がいますが、林芳正さん(2017年8月~18年10月在任)以外はみんな旧森派です。特に馳浩さん(15年10月~16年8月在任)は、ロサンゼルスオリンピックにレスリングで出場した経験があり、同じ石川県出身ということもあり、息子のようにかわいがられていました。

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2490文字)

【森五輪組織委会長辞任】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集