奄美大島、マングース捕獲ゼロ続く 環境省「根絶の可能性」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鹿児島県の奄美大島で捕獲されたマングース=環境省奄美野生生物保護センター提供
鹿児島県の奄美大島で捕獲されたマングース=環境省奄美野生生物保護センター提供

 環境省は15日、鹿児島・奄美大島で2020年4~12月に捕獲された外来種のマングースの数がゼロだったと発表した。最後の捕獲は18年4月で、駆除を進める同省は「島全域で、根絶の可能性が高くなっている」と分析している。

 環境省によると、マングースは島各地に設置したカメラでも確認されず、寄せられた目撃情…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

注目の特集