特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

小さな声~コロナの陰で

「マルガニ君」の友達はどこへ 奪われた学ぶ機会 スーダン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スーダンのカドグリの補習学級に通っていたマルガニ・ハジャム・クワさん。「医者になれるまで勉強を続ける」と意欲を見せる=日本国際ボランティアセンター提供
スーダンのカドグリの補習学級に通っていたマルガニ・ハジャム・クワさん。「医者になれるまで勉強を続ける」と意欲を見せる=日本国際ボランティアセンター提供

 新型コロナウイルスのため、貧困や災害、紛争などで苦しむ子どもたちは、ますます厳しい環境に置かれている。2020年度で42年目を迎えた「世界子ども救援キャンペーン」は、各地の「小さな声」を伝える。

 北アフリカ・スーダンの南部に位置する南コルドファン州の州都カドグリ。広い土地の一角に建つ屋根と壁だけの簡素な校舎の前で20年12月、補習学級の修了式が開かれた。親や先生たちに囲まれ、ピンク色の成績表を手に喜ぶ子どもたち。その中にマルガニ・ハジャム・クワさん(16)の笑顔もあった。だが、多くの友達はその日を迎えることができなかった。

 30万人が犠牲になったともいわれるダルフール紛争など、各地で内戦を抱えてきたスーダン。19年4月に30年続いた独裁政権が崩壊し、20年10月には政府と複数の反政府勢力が和平合意に調印したが、一部の勢力は加わらず、平和の道筋はまだ見えていない。

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1615文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集