「黒染め強要」訴訟 大阪府に33万円の賠償命令 地裁判決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪地裁が入る合同庁舎=大阪市北区で2020年11月27日、服部陽撮影
大阪地裁が入る合同庁舎=大阪市北区で2020年11月27日、服部陽撮影

 生まれつき茶色の髪を黒く染めるよう学校から強要されて不登校になったとして、大阪府羽曳野市の府立懐風館高校に通っていた女性(21)が府に約220万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決で、大阪地裁は16日、府側に33万円の賠償を命じた。横田典子裁判長は「黒染めの強要はあったとはいえない」と頭髪指導の妥当性を認めた上で、不登校後に名簿から女性の氏名を削除したことなどを違法と指摘した。

 大阪府の吉村洋文知事は記者団の取材に、「判決文をしっかり見た上で、適切に対応したい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文660文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集