特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「ウイルスより人間怖かった」クラスター1年、ライブハウス再起

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「希望の歌」を歌うライブハウス「ソープオペラクラシックス梅田」の片山行茂社長=大阪市北区で2021年2月13日、藤井達也撮影
「希望の歌」を歌うライブハウス「ソープオペラクラシックス梅田」の片山行茂社長=大阪市北区で2021年2月13日、藤井達也撮影

 ウイルスより人間が怖かった――。2020年2月19日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した大阪市北区のライブハウス「ソープオペラクラシックス梅田」(Soc)。46人に感染が広がった店には抗議の電話やメールが殺到し、ツイッターで「#ライブハウスを無くそう」とのつぶやきも拡散された。うつや不眠に悩まされた社長の片山行茂さん(52)を支えたのは「再開してほしい」というファンの励ましだった。

 「皆さんの心をつなぎ留めようと作った曲です。足を運んでくださり、心から感謝します」。あれから1年近くが過ぎた21年2月13日の夕方、Socでライブイベントが開かれた。片山さんが体験を基に作詞・作曲した「希望の歌」をギターで弾き、ステージの音楽家6人と歌声を響かせた。

 <君が隣にいて 笑い合う日が来る時まで>

 客席には近畿一円から集まった20~50代のファン約20人の姿があった。マスクやフェースシールドを着けて拍手を送る。目頭を拭う男性もいた。1年ぶりに来店したという堺市の主婦(52)は「我が子と同世代の若者が夢を追う姿に元気をもらった。Socを応援したかった」と笑顔だった。

記念日の集い暗転「何で……」

 「来場者に一刻も早く検査するよう伝えてください。店名の公表をお願いします」。大阪市保健…

この記事は有料記事です。

残り2497文字(全文3049文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集